ゲーミングPCを中古で買うときに注意するポイント解説【CPU編】

こんにちは、ブログ担当のヒライです。

 

今回は中古でゲーミングPCを買うときに見るべきポイントを解説したいと思います!

 

 

出来る限り安くゲーミングPCを買う方法がないかと調べたときに、真っ先に思い浮かぶことの1つが中古でゲーミングPCを購入することだと思います。

実はお問い合わせフォームやTwitterから中古で売っているゲーミングPCについてちょこちょこ質問をもらうことがあるんですよね。

 

 

 

まず、中古でゲーミングPCを買うとしたらどこが思い浮かぶでしょうか?

BREAJONにもアウトレット販売ページがありますし、

その他にもドスパラさん、PCワンズさん等のBTOメーカーやパソコンパーツショップが販売していたりします。

 

その中でも目を見張るほど安く売られているのがメルカリ等の個人売買サイトではないでしょうか?

FORTNITEが快適にプレイできるとの記載があるゲーミングPCが5万円以下で売っていることもざらにあります。

 

 

 

 

 

もしメーカーやパソコンパーツショップで購入される場合は店頭で店員さんに直接聞けますし、Webサイトで購入する際もプロがお問い合わせに回答してくれますが、

個人売買サイトではなかなか比較や質問が難しいと思います。

 

しかしながら、人間でいえば頭脳にあたるほど重要なパーツであるCPUの個人売買サイトでの選定方法について解説いたします。

 

 

皆さんもCore i7(コア アイセブン)Core i5(コア アイファイブ)などといった言葉を耳にしたことはあるんじゃないでしょうか? 

とりあえずCore i7で探しているんだけどというお客様も多くいらっしゃいます。

 

 

 

さあここで質問です。

 

Intel Core i7-3770K

 

VS

 

Intel Core i3-10100

 

どちらの性能が上でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はIntel Core i3-10100なんです。なんと性能差に35%も差があるんですよ。

もしこれを間違えちゃった、悩んじゃったという方はご購入される前に是非この記事を最後まで読んでから、もう一度検討中のパソコンを見てみましょう!

 

もしCore i7というだけで検討していた場合は思っていたよりも性能が低いという事があるかもしれないので気を付けましょう!!

 

 

 

 

 

ここで自分の用途に必要な性能があるかどうかを判断するために注目するべきポイントは・・・ズバリ!そのCPUがどの世代に属しているかです!

 

 

CPUの世代の見分け方は??

 

基本的に頭の数字を見て把握することが多いです!

3桁の場合1世代、4桁の場合頭1桁、5桁の場合頭2つの数字がそのCPUの世代となります!

Intel Core i7-3770   →3世代

Intel Core i5-7400   →7世代

Intel Core i3-12100 →12世代

 

 

i7と記載があったパソコンの購入を検討する場合にはそのあとに続く頭の数字に着目してみましょう!!

 

ざっくりですが現行のCore i3 と3世代前のCore i7は近いスペックになると思ってもらえたらいいと思います!

例えば・・・現行の12世代Core i3と3世代前の9世代Core i7はかなり近い性能です!

 

 

ちなみにですが、もし今から中古でゲーミングPCを購入するならCore i7なら7世代、Core i5なら9世代、Core i3なら10世代以降をオススメします!!

 

もう分かっちゃいますね!Corei7-7700、Corei5-9400、Corei3-10100です!

 

これ以降であれば今現在はFortnite、APEX、Valorant、PUBGは問題なくプレイ可能です!

 

 

もし中古でゲーミングPCの購入を検討している場合、今回の記事を参考にしてCPUのi7という部分だけでなく、そのあとに続く数字にも目を通して選んでみてください!

 

 

それじゃあ、また別の記事でお会いしましょう! 

BREAJONブログ担当ヒライ